DeNAドラ1東 左腕王国に割って入る「目標は10勝と新人王」

[ 2017年11月16日 05:30 ]

DeNAへの入団が決まった立命大の東(左)
Photo By 共同

 DeNAからドラフト1位で指名された立命大の東が京都市内のホテルで入団交渉し、契約金1億円、年俸1500万円で仮契約。関西学生リーグで史上初となる2度の無安打無得点試合を達成した即戦力左腕は「ローテーションの6人目に入れるように頑張りたい。目標は10勝と新人王」と抱負を口にした。

 今季、日本シリーズに進出したチームは「左腕王国」。先発には石田、今永、浜口がおり、東も「左腕の一角として貢献できれば」と割って入る。先輩左腕からも学ぶ姿勢で「今永選手の直球の切れや浜口選手のチェンジアップなど学べるところはたくさんある。成長して(先輩を)超えていけるように頑張りたい」。将来は左腕エースの座も狙う。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年11月16日のニュース