ホセ・バティスタ レイズが獲得に興味 ブルージェイズから今オフFA

[ 2017年11月16日 13:54 ]

ホセ・バティスタ外野手 (AP)
Photo By AP

 レイズが今オフにフリーエージェント(FA)となったホセ・バティスタ外野手(37)の獲得に興味を示しているという。米国FOXスポーツのジョン・モロシ記者が15日に自身のツイッターでレポートした。

 2010年から2年連続で本塁打王に輝くなど、長くブルージェイズの主軸として活躍してきたバティスタ。しかし、今季は157試合に出場して打率2割3厘、23本塁打、65打点、さらに自己ワーストの170三振と不本意なシーズンを送った。

 バティスタは昨オフもFAとなったが、結局、ブルージェイズに残留。ただ、レイズは獲得に動いていたそうで、今オフも再び通算331本塁打のスラッガーをチームに迎えたい考えだ。また、代理人によると、バティスタ本人は守備にも前向きで、右翼と左翼のほか、内野も一塁と三塁は守るつもりだという。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年11月16日のニュース