巨人・中井 捕手もやる「僕にとっては幅が広がる」

[ 2017年11月16日 05:30 ]

ブルペンで初めて投手の球を受けた巨人・中井。後方は小林
Photo By スポニチ

 宮崎秋季キャンプで巨人・中井が「第3の捕手」に備えた練習を開始した。捕手2人制の際の非常事態に備えての対策。

 初めて防具をフル装備してブルペンに入って桜井の球を135球受け「僕にとっては幅が広がる。レベル的にはまだ全然です」。捕手経験は中学時に数試合ある程度だが、内外野をこなす器用さと体の強さが買われた。今キャンプでは外野手の石川も捕手の練習を行い、高橋監督は「ベンチとしては助かる。万が一があっても何とかなる」と期待した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年11月16日のニュース