ヤクルトでプレー Dバックス・ロブロ監督 ナ最優秀監督初受賞

[ 2017年11月16日 05:30 ]

ダイヤモンドバックスのロブロ監督
Photo By スポニチ

 大リーグは14日(日本時間15日)、最優秀監督賞を発表し、ア・リーグはツインズのポール・モリター監督、ナ・リーグはダイヤモンドバックスのトーリ・ロブロ監督がともに初受賞した。

 モリター監督は昨季地区最下位のツ軍を2位での7年ぶりプレーオフに導き「全員に感謝したい」。元ヤクルトのロブロ監督は就任1年目で6年ぶりにポストシーズン進出を果たしたが、地区シリーズでドジャースに3連敗し「痛みは残っている。今後、何ができるか楽しみ」と雪辱を期した。同賞はプレーオフ前に実施された全米野球記者協会の投票で決まった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年11月16日のニュース