侍J4番は山川 開幕心待ち「わくわくする」

[ 2017年11月16日 05:30 ]

フリー打撃で大きな打球を連発する山川。ゲージの後ろで見守る田村(左)と桑原もあきれ顔
Photo By スポニチ

 合宿中の練習試合に引き続き、山川が侍ジャパンの4番を務める。フリー打撃では何度も豪快な当たりを飛ばし「いい準備はできた。わくわくする」と開幕を心待ちにしている様子だった。

 25歳はオーバーエージ枠で招集され、精神的にもチームを引っ張る役割が期待される。「若い選手ばかり。全力疾走して、全力で声を出して、元気を出してやりたい」と明るい表情で話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年11月16日のニュース