コマニー苦しみながらも2回戦突破 太田が1失点完投

[ 2017年10月24日 05:30 ]

スポニチ主催天皇賜杯全日本軟式野球大会ENEOSトーナメント第2日   コマニー2―1オール愛媛 ( 2017年10月23日 )

 8会場で1回戦11試合と2回戦16試合が行われた。佐川印刷(京都)が昨年優勝の大分銀行(大分)を2―1で下してベスト16に進出。コマニー(石川)、岐阜信用金庫(岐阜)などが3回戦に進んだ。24日は3回戦8試合と準々決勝4試合が行われる。

 コマニーは苦しみながら2回戦を突破した。4回に敵失、8回に野選で得点。先発・太田が「コントロールは悪かったが要所は締めることができた」と走者を出しながらも1失点に抑え完投勝ちした。川下主将は「なかなか得点が奪えない中、よく辛抱してくれた」と太田、山岸のバッテリーを称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月24日のニュース