ハム栗山監督 東大・宮台の獲得熱望「うちに欲しい」

[ 2017年10月24日 05:30 ]

東京六大学野球   東大4―5明大 ( 2017年10月23日    神宮第2 )

ネット裏で観戦する日本ハム・栗山監督
Photo By スポニチ

 日本ハムの栗山監督が東京六大学リーグを視察した。第2試合終了まで視察し、東大・宮台に熱視線を送り「言われている以上に良い投手。高いレベルで活躍してくれる選手だと思うし、凄く楽しみ」。けん制やクイックに工夫が見られる点を評価し「プレースタイルがいい。これは非常に重要なこと。うちのチームはそういう選手が欲しい」と熱く語った。

 この日は大渕スカウト部長とともに木田、遠藤両GM補佐と今成スカウトら5人体制で視察。上位指名候補となる可能性も出てきた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2017年10月24日のニュース