丸、復調1号 逆境跳ね返す「崖っ縁だけど試合始まれば同じ」

[ 2017年10月24日 05:30 ]

セCSファイナルステージ第4戦   広島3―4DeNA ( 2017年10月23日    マツダ )

1回裏1死二塁、丸は右越えに先制2点本塁打を放つ
Photo By スポニチ

 流れを呼び込むはずの一撃だった。初回1死二塁。丸は内角に来たウィーランドのカーブを体の回転ですくい上げた。「しっかり自分のスイングができたとは思います」。右翼ポール際へ打ち込んだ先制2ラン。第3戦まで10打数2安打と苦しんできた男の会心の一発だった。

 2日連続の雨天中止を挟んだ仕切り直しの一戦。丸の今CS1号になった復調弾などで初回だけで3点を先行し、一度は重苦しい空気を消し去ったかに思えた。

 しかし…。

 優位に立った序盤戦から再び次第に勢いを失った。2回からは3イニング連続で3者凡退。5回に逆転を許し、負の連鎖は加速した。3―4の6回には無死満塁の絶好機を築きながら岩本、小窪の代打陣が連続三振。田中も二ゴロに倒れて最大の逆転機を逸した。緒方監督は「こっちも仕掛けたけど、それが得点につながらなかった」と振り返る。終わってみれば、2回以降はわずか1安打だった。

 崖っ縁に追い込まれた。ただ、ナインの目は死んでいない。丸は「負けたら終わるけど、かと言って特別な意識はない」と前を向いた。レギュラーシーズンでは12球団最高のチーム打率・273を武器に88勝を挙げてリーグ連覇。2位・阪神に10ゲーム差、3位のDeNAには14・5差をつけた。このまま2017年を終わらせるわけにはいかない。

 「いかに変わらず、いつものことがやれるか。崖っ縁だけど、試合が始まれば同じなので。いい準備をして、試合に入っていくだけですね」

 追い込まれても動じない。史上最大の下克上阻止へ――。赤ヘル軍団には逆境を跳ね返すだけの底力がある。(桜井 克也)

 ≪ウィーランドは“お得意様”≫丸(広)が初回に先制2ラン。CSの本塁打は13年ファーストS阪神戦第1戦で9回に筒井から放って以来2本目。ウィーランドにはレギュラーシーズンで14打数7安打(3本塁打)と得意にしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月24日のニュース