明大・竹村がV打 複数球団から調査書「結果の先に指名あれば」

[ 2017年10月24日 05:30 ]

東京六大学野球   明大5―4東大 ( 2017年10月23日    神宮第2 )

8回2死一、二塁、明大・竹村が左へ勝ち越し適時打を放つ
Photo By スポニチ

 明大はドラフト候補の1番・竹村が8回に決勝の中前適時打を放った。それまで無安打で「絶対還そうと真っすぐだけ狙った」。

 今夏ユニバーシアード日本代表の主将も務めた遊撃手で複数球団から調査書が届いている。今節で連勝すれば早慶戦の結果次第で優勝の可能性が残るだけに「今は東大を倒すことだけ考える。結果を出した先に指名があれば」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2017年10月24日のニュース