広島 日本S出場ならず 緒方監督「自分の責任 もっと勉強しなくては」

[ 2017年10月24日 22:38 ]

セCSファイナルS第5戦   広島3―9DeNA ( 2017年10月24日    マツダ )

健闘を称えあう緒方監督とラミレス監督
Photo By スポニチ

 圧倒的な強さで3位DeNAには14・5差をつけてペナントを制した広島だったが、CSは初戦で勝った後、まさかの4連敗。日本シリーズ出場はならなかった。

 初回に先制、中盤も好機はあったが得点できず、DeNAの5本塁打の前に沈んだ。敗れた緒方監督は「全力で頑張ったけど、期待に応えられず、申し訳ない気持ち。結果は監督として、自分の責任。もっと勉強しなくちゃいけないことがたくさんある」と悔しさをにじませ、静かに今季の戦いを終えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2017年10月24日のニュース