西武・渡辺SD「色」で験担ぎ 菊池&大石引き当てた実績

[ 2017年10月24日 05:30 ]

くじを引く仕草を見せる渡辺SD
Photo By スポニチ

 黄金の右手で金の卵を引き当てる。西武の渡辺久信シニアディレクター(SD、52)が今秋ドラフト1位のくじ引きに言及。「験は担ぐよ。すがるものは何でもすがる。俺はばっちり整えてからいく」と意気込んだ。

 09年は花巻東カラーの紫のボールペンを持参して菊池、10年も早稲田カラーのえんじのパンツを着用して大石と2年連続で6球団競合を制した。「もう運は使い果たした」と苦笑いを浮かべるが、1位指名は競合の可能性が高い。清宮、安田の高校生野手、田嶋、東ら即戦力投手の候補からドラフト前日の25日に絞り込む。「当日に着ているもので誰を指名するか分かるかもね」と渡辺SD。ゴッドハンドに懸かる期待は大きい。 (平尾 類)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2017年10月24日のニュース