桑原同点打に続いた!V打のロペス「この勢いで引き続き勝つ」

[ 2017年10月24日 05:30 ]

セCSファイナルステージ第4戦   DeNA4―3広島 ( 2017年10月23日    マツダ )

5回1死三塁、勝ち越し適時打を放ち、万永コーチ(左)とグータッチをかわすロペス
Photo By スポニチ

 桑原&ロペスが逆転劇の主役だった。2点を追う5回無死二、三塁からまずは桑原が三塁線を破る2点二塁打。さらに1死三塁からロペスの中前適時打で逆転に成功した。

 「前の打席で満塁でダブルプレーになったので、何とか食らいつこうと思った。積極的にいった結果」とはロペス。3回1死満塁で投ゴロ併殺打だった悔しさを、ここぞの場面で返した。桑原は貴重な同点打に「前のバッターがつないでくれたので、自分もつなぐ気持ちだった」と振り返った。筒香を含めて1、3、4番がファイナルSでの初打点をマークしただけに、打線は活気づいた。

 「この勢いで引き続き勝ちたい。去年、広島で悔しい思いをしたので頑張りたい」。ロペスは気合を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2017年10月24日のニュース