広島・野村 崖っぷち第5戦で雪辱誓う「本当に負けられない」

[ 2017年10月24日 06:19 ]

セCSファイナルステージ第4戦   広島3―4DeNA ( 2017年10月23日    マツダ )

広島・野村
Photo By スポニチ

 DeNAに王手をかけられたことで、24日の第5戦は絶対に負けられなくなった。先発を見込まれる野村は「本当に負けられない。しっかり自分のピッチングをしたい。前回やられているのでやり返したい」と雪辱を誓った。

 19日の第2戦では5回4失点で敗戦。中4日での登板は新人だった12年9月9日のDeNA戦で一度だけ経験(8回2失点で勝敗は付かず)しているが、未知数だ。DeNAがウィーランドを早めに見切ったように、広島も早めの継投が必要になるかもしれない。

 先発含めて10投手をベンチ入りさせているDeNAに対して広島は8人。待機していた大瀬良に出番はなかった。岡田らも加えて救援陣を増員して決戦に臨むのか。首脳陣の判断も注目される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2017年10月24日のニュース