日本ハム 今季の地方試合は2勝9敗…大谷の“不敗神話”も止まる

[ 2017年9月5日 22:20 ]

パ・リーグ   日本ハム1―6楽天 ( 2017年9月5日    富山 )

<日・楽>9回2死二塁、大谷は右前適時打を放つ
Photo By スポニチ

 日本ハムは5日、富山アルペンスタジアムでの楽天戦に完敗。打線が高卒新人の藤平の前に6回まで無安打に抑えられるなど精彩を欠いた。

 無安打無得点の雰囲気も漂っていた7回に先頭の松本が左翼線二塁打を放って同点機を演出したが、3番の大谷が空振り三振に倒れるなど中軸が凡退。9回に守護神の松井裕から適時打を放って零敗を免れた大谷も、「なかなか来る機会がないので勝ちたかった」と悔しがった。

 自身が打点を挙げた試合は8月14日以降、10連勝中だったが、ついに止まった。

 これで今季の地方試合は2勝9敗で終了。試合後、栗山監督は藤平について「いいボールを投げていたけど、こっちは何とかしなければいけなかった。(先発して8回途中まで力投した)上沢を勝たせてやれなくて申し訳ない」と声を絞り出した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月5日のニュース