オリ 3人の助っ人の残留決定!ディクソン&マレーロとも契約延長

[ 2017年9月5日 16:43 ]

 オリックスは5日、ブランドン・ディクソン投手と、クリス・マレーロ外野手との来季契約が締結したと発表した。ディクソンは2年契約で、マレーロは1年契約。

 来日5年目のディクソンは、ここまで21試合に先発し、8勝9敗の防御率3・29。金子に次ぐチーム2番目の勝ち星を挙げている。契約延長には「家族みんなで話し合って決めた。全員が残りたい中でオファーを頂いてうれしい」と喜んだ。

 また今季途中に加入したマレーロは、59試合に出場し、打率・305、13本塁打、35打点(9月4日時点)。6月9日の中日戦で来日初安打を本塁打で決めたが、ホームベースを踏み忘れて、本塁打が取り消しとなる珍事が発生したものの、その後はしっかりと戦力となった。「機会を与えてもらって本当にうれしい」と喜んだ。

 球団はすでにロメロの契約延長を発表しており、3人の助っ人の残留が決まった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月5日のニュース