キューバ指揮官 決定打不足嘆く「得点できなかった」

[ 2017年9月5日 05:30 ]

U―18W杯1次ラウンド   日本7―2キューバ ( 2017年9月4日    カナダ・サンダーベイ )

 キューバのアレクシ・マルティネス監督は「日本に良い攻撃をされてしまった。うちは塁に走者を残し得点できなかった」と決定打不足を嘆いた。

 3回に安田を敬遠し、清宮と勝負。「併殺を狙った」という作戦は裏目に出て犠飛で勝ち越し点を許した。8回に再び安田を敬遠したことについては「3番、4番ともによい打者だったが、作戦としてそのようにした」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月5日のニュース