西武・雄星の反則投球問題 実行委は今後も議論継続

[ 2017年9月5日 05:30 ]

西武・菊池
Photo By スポニチ

 実行委では西武・菊池が2段モーションによる反則投球を宣告されたことを受け、対応を協議した。将来的に「判定基準を国際標準に合わせた方がいい」などの意見が出された。

 菊池と同様に、19日の西武戦で井口が反則投球を宣告された日本ハム・島田利政球団代表は「規則委員会で話し合ってくれるようお願いした。アマが変えられないならプロだけでもいい」とし、今後も継続して議論する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月5日のニュース