ヤ軍・セベリーノ 球団53年ぶり23歳以下で200奪三振

[ 2017年9月5日 05:30 ]

ア・リーグ   ヤンキース9―2レッドソックス ( 2017年9月3日    ニューヨーク )

 ヤンキースは首位レッドソックスとの4連戦を3勝1敗で終えた。今季の直接対決は11勝8敗で終了したが、ゲーム差は3・5で地区優勝争いに望みをつないだ。

 先発セベリーノは6回1失点、9奪三振でメジャー屈指の左腕セールに投げ勝ち、23歳以下の投手では球団53年ぶりの年間200奪三振に到達。「持てる力を全部出して勝とうと思った」と胸を張った。2日に11勝目を挙げた田中の次回先発は8日(日本時間9日)の敵地レンジャーズ戦が濃厚だ。 (大林 幹雄)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月5日のニュース