カブス2連敗 上原の登板なし 緊急降板のアリエッタ「問題ないと思う」

[ 2017年9月5日 14:09 ]

ナ・リーグ   カブス0―12パイレーツ ( 2017年9月4日    ピッツバーグ )

トレーナーとともにベンチへと下がるアリエッタ (AP)
Photo By AP

 ナ・リーグ中地区首位のカブスは4日(日本時間5日)のパイレーツ戦に0―12と完敗した。

 カブスはこれで2連敗。8回に6安打7失点のビッグイニングを許し、打線は7安打も最後までホームを踏むことができなかった。先発のアリエッタは3回途中に左足を痛めて緊急降板となったが、本人は「残念だったが、問題はないと思う」と話し、長期離脱は避けられそう。なお、この試合で上原の登板はなかった。

 一方、同地区2位のブルワーズは同日のレッズ戦に4―5で敗戦。この結果、カブスとブルワーズのゲーム差は3・5のまま。両チームの今季の直接対決はあと7試合を残している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月5日のニュース