慶大・加藤拓 15K現役最多24勝目 マメつぶし流血熱投

[ 2016年10月16日 05:30 ]

東京六大学野球第6週第1日 ( 2016年10月15日    神宮 )

<立大・慶大>4失点も完投勝利の慶大の先発・加藤拓
Photo By スポニチ

 ドラフト上位候補のエース右腕、慶大・加藤拓が6安打4失点も自己最多タイの15三振を奪って完投。現役最多の24勝目を手にした。

 右手中指にマメができ、9回は血を流しながらの熱投に「僕自身、勝つのが仕事。勝てて良かった」と安どの表情を浮かべた。明大の結果次第では逆転優勝の可能性もあり「明日も展開次第ではいくつもり」と力強かった。

 ▼立大・溝口智成監督(優勝争いから後退)これまでも苦しい試合を戦ってきた。まず明日。粘って何とか次につなげたい。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月16日のニュース