北日本ガス 7回コールド発進 監督は栗山監督の教え子

[ 2016年10月16日 05:30 ]

スポニチ主催高松宮賜杯第60回全日本軟式野球大会2部第1日・1回戦 ( 2016年10月15日    栃木県宇都宮清原球場ほか )

 6会場で1回戦16試合を行った。初出場の北日本ガス(栃木)が津田学園METS(三重)に7―0で7回コールド勝ちなど、開催地の栃木県勢は出場4チーム中3チームが2回戦に進出した。16日は宇都宮清原球場など4球場で2回戦、準々決勝を行う。

 北日本ガス(栃木)は初出場ながら7回コールドの完勝で2回戦進出を決めた。4回に4番・大塚の左越えソロなどで7点。投げては別井―森河が完封リレー。「一戦必勝の気持ちですが地元開催でもあるし、優勝したい」と笑顔で振り返った後藤正幸監督は白鴎大在学中に当時、同大教授だった日本ハム・栗山監督の授業を受けていた。全国大会用に新調した日本ハムのホーム用に似た新ユニホームで栗山ハムに負けない進撃を狙う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月16日のニュース