大谷 意地の2点打 CS初打点「あすにつながる」

[ 2016年10月16日 05:45 ]

パ・リーグCSファイナルS第4戦 ( 2016年10月15日    札幌D )

<日・ソ>6回1死一、二塁、大谷が右中間へ2点二塁打を放ち二塁へ向かう
Photo By スポニチ

 帰りの球場駐車場。日本ハム・大谷は敗戦の悔しさを押し殺し、淡々と言葉を並べた。日本シリーズ進出に王手をかけた状態は変わらない。必死に、前だけを見た。

 「もうちょっと点を取りたかったけど、勝ちパターンの投手を投げさせることができた。あす(16日)につながる」

 意地の一振りだった。0―5の6回、1死一、二塁。バンデンハークの低めのチェンジアップに反応した。「真っすぐ待ちだった」といい、タイミングをやや崩されたが、バットのヘッドを利かせて右中間へ反撃の2点二塁打を放った。「リアル二刀流」で出場した初戦以来3試合ぶりの安打で、CS初打点。この2点のみで完敗した中、強烈な存在感を示した。

 登板翌日から打者で3戦連続スタメン出場は初体験。蓄積疲労によるケガの予防を狙い、登板日と登板翌日の入浴は湯船につからずシャワーのみにとどめた。「そっちの方がリフレッシュのためにも良いと聞いた」。第2戦は疲労を考慮する栗山監督から「(フリー打撃を)打たなくてもいい」と促されたが、首を縦に振らなかった。城石打撃コーチらと相談し、通常2回りのフリー打撃を1回りだけにして参加。前日はフィニッシュ時に左手一本で振り切るティー打撃を取り入れるなど向上心も不変だ。二刀流の自覚と責任が大谷を突き動かしている。

 栗山監督は今後の大谷の起用法について「まあ考えます」と明言を避けたが、16日の第5戦も打者出場することが濃厚。ソフトバンクの予告先発・摂津とは14年ファイナルS以来の2年ぶりの対戦だが「基本的に自分のスイングができれば十分に対応できる」。二刀流・大谷翔平。日本シリーズ進出に立ちはだかる壁は「打」でこじ開ける。(柳原 直之)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月16日のニュース