バンデン無敵PS4戦4勝 逆転CS突破へつないだ6回2失点

[ 2016年10月16日 05:45 ]

パ・リーグCSファイナルS第4戦 ( 2016年10月15日    札幌D )

<日・ソ>サファテからウイニングボールをもらうバンデンハーク
Photo By スポニチ

 ソフトバンク先発のバンデンハークが6回4安打2失点。自身ポストシーズン4戦4勝として、逆転CS突破の道を切り開いた。

 「集中してしっかり投げられた。いつも通り初回から飛ばした」。立ち上がり、2者連続空振り三振スタートで迎えた大谷には全4球を直球勝負。最後は155キロで投ゴロに仕留めた。4番・中田との3打席もきっちり抑えて「思い描いていた投球ができた。満足している」と振り返った。

 サムスンに所属した13年の韓国シリーズで、敗れればシーズンが終わる試合で救援。2回を投げて勝利投手になった経験も生きた。今季は股関節の不安から夏場に3カ月半も戦列から離れたが「今は体が戻って投げられている。信頼して先発で使ってもらって感謝している」。シーズンの借りを返すとばかりに、明日なき戦いのたすきをつないだ。

 ≪PS4戦全勝≫バンデンハーク(ソ)がファーストSに続き勝利投手。同一年のファースト、ファイナル両ステージ勝利は今季セの井納(D)に次ぎ7人目になる。CSは通算3試合全勝で、チームで通算3勝は単独最多(2勝が7人)。プレーオフとCSで初登板から3戦3勝は川上(中)、ダルビッシュ(日=5戦5勝)、田中(楽)に次ぎ4人目だ。なお昨季日本シリーズでも勝っており、ポストシーズンはこれで4戦全勝となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月16日のニュース