DeNA池田球団社長 退任へ 後任は現横浜スタジアム社長有力

[ 2016年10月16日 05:34 ]

<広・D>日本シリーズ進出を逃し、ファンにあいさつするラミレス監督
Photo By スポニチ

 DeNAの池田純球団社長(40)が任期満了に伴い、今季限りで退任することが分かった。

 関係者の話を総合すると、新社長は横浜スタジアムの岡村信悟社長(46)の就任が有力視されている。

 池田球団社長はDeNAが球団取得した12年に就任。「チーム強化は球団の安定が必要」と観客動員数の増加に着手した。今季の主催試合は大洋、横浜時代も含めて球団史上最多の188万2257人。今年1月には株式公開買い付けで横浜スタジアムの運営権を取得し、球団と球場の一体経営を成功させた。

 就任当初に年間30億円近くあった赤字は今季黒字に転じる見込み。チームも5年目で初のCS進出。広島にファイナルSで敗れたこの日の試合後、「もっとチームが本当の強さを身につけないといけない」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月16日のニュース