西武・辻新監督 熱血指導 田代、永江らと居残り打撃練習

[ 2016年10月16日 05:30 ]

 西武の辻新監督は、視察予定だったフェニックス・リーグが雨天中止となったため、約2時間にわたって全体練習を指導。居残りで打撃練習に取り組んだ田代や永江らにも熱血指導した。

 11月の秋季キャンプは選手たちの自主性を重視する考えで「本人の意志で自発的に練習してくれた方が身になる」と説明。16日に帰京し、17日は主力組の秋季練習(西武第2)で就任後初めてユニホーム姿がお披露目される予定だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月16日のニュース