ロッテ 敵地で3連敗、わずか3安打 指揮官「屈辱忘れないように」

[ 2016年9月19日 18:44 ]

<日・ロ>6回、ベンチから見つめる伊東監督

パ・リーグ ロッテ1―3日本ハム

(9月19日 札幌D)
 ロッテは敵地で日本ハムに3連敗した。打線に元気がなく、わずか3安打で押し出し死球による1点止まり。左手首痛で離脱した主砲・デスパイネの穴は大きい。代わりに4番に座った「アジャ」こと井上は4打数無安打に終わり「一発の怖さがない打線になっている。投手に怖いって思わせるのは本塁打を打つような振りだと思う。相手が嫌がることをやらないといけない」と反省した。

 4位の楽天とは7・5ゲーム差あり、CS切符はほぼ手中に収めている。CSで日本ハムと対戦する可能性も高い。伊東監督は「30日(の最終戦)もあるし、この屈辱を忘れないようにしたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月19日のニュース