金本監督 若手に複数ポジションの勧め「選手のため」

[ 2016年9月19日 05:30 ]

金本監督(右)が見つめる中、フリー打撃で汗を流す鳥谷

 阪神・金本監督は野手の複数ポジションを推奨した。

 「できるにこしたことはない。守りの方でもそれだけできたら、またチャンスがあるだろうし」。前日17日のDeNA戦(甲子園)では内野の陽川を左翼で起用した。外野ながら2軍では二塁で出場している板山について「あんなに内野できると思ってなかった。(秋季)キャンプで守らせて、ノック受けさせたらいけるんじゃないかって」と新たな可能性を喜んだ。秋季キャンプでも「選手のため」と若手に複数ポジションに挑戦させる意向を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月19日のニュース