【石井一久の視点】ソフトB バンデン戻って底力出せる戦力整った

[ 2016年9月19日 08:20 ]

<ソ・オ>3カ月半ぶり1軍マウンドで7勝目のバンデンハーク
Photo By スポニチ

パ・リーグ ソフトバンク8―5オリックス

(9月18日 ヤフオクD)
 ソフトバンクのバンデンハークは約3カ月半ぶりの1軍マウンドということで注目して見ていたが、制球に困る感じもなく、まとまっていた。

 球速も150キロ以上出ていたが、一番の特長は速いだけでなく、角度があること。打者は自分のミートポイントで打とうと思っても、角度がある球に対してはどうしても差し込まれてしまう。

 打者が差し込まれないようにポイントを前で打とうとすると、今度は緩くて縦に落ちるナックルカーブがある。前で打とうとする意識がある分だけ、ボール球でもバットが止まらない。6回で6安打されたが、オリックスの打者は自分のポイントを狂わされており、連打や四球で崩れるような内容ではなかった。

 和田、千賀、武田の3本柱に続く、4番手としてバンデンハークが戻ってきたのは大きい。21、22日の直接対決がヤマ場になるが、それ以降の残り8試合をいかに取りこぼさないようにするかも大事。8月は苦しんだソフトバンクだが、打線もここに来て内川、松田が好調で、先発陣も駒がそろった。本来の底力を出せる戦力が整ったといえる。
(スポニチ本紙評論家)
 

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月19日のニュース