ロッテ涌井 3戦連続初回失点で7敗目「フォームの乱れがある」

[ 2016年9月19日 05:30 ]

<日・ロ>4回無死、レアードにソロ本塁打を打たれた涌井

パ・リーグ ロッテ2―4日本ハム

(9月18日 札幌D)
 ロッテ・涌井が7回4失点で7敗目を喫した。

 1―0の初回に追いつかれ、3回には「失投」と振り返るスプリットで大谷に右前適時打を許し勝ち越された。3戦連続で初回に失点、1カ月白星から遠ざかるエースは「探り探り入ったのかな。多少フォームの乱れがある」と反省。進出確実なCSでも先発の柱となるだけに、伊東監督は「試合の入り方を考えないと」。チームは日本ハム戦5連敗で同カードのシーズン負け越しが決まった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月19日のニュース