楽天 茂木、今季2本目ランニング弾 梨田監督「一生懸命走っている」

[ 2016年9月19日 17:33 ]

パ・リーグ 楽天2―5西武

(9月19日 西武プリンス)
 楽天の新人茂木が今季2本目のランニング本塁打を放った。0―5の7回、右中間フェンスを直撃した打球の処理を外野手が手間取る間に一気に本塁へ。「コーチが止めるまでは全力で行こうと思った」と快足を飛ばして生還した。

 1992年に川相(巨人)がマークしたことがあるが、年間でランニング本塁打2本は極めて珍しい。梨田監督は「1年目で2本というのは考えられない。一生懸命に走っている象徴」とたたえ、茂木は「自分が守っていても全力で走られると嫌。体がもつ限りやっていきたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月19日のニュース