桑原&エリアンつないだ ロペス2発はいずれも2死無走者から

[ 2016年9月19日 05:30 ]

<D・広>サヨナラ勝ちに笑顔のDeNA・筒香(右)とエリアン

セ・リーグ DeNA6―3広島

(9月18日 横浜)
 DeNA・ロペスの2本のアーチを生んだのは、いずれも2死無走者からの粘りだ。

 6回2死から桑原が右前へチーム初安打を放つと、エリアンが低めのフォークボールを右中間適時二塁打。「追い込まれていたので、コンパクトに捉えることを意識した」としてやったりの様子だった。10回も2死から桑原が死球、エリアンが左前打とつないでサヨナラ劇を呼んだ。

 ▼DeNA・三嶋(先発で7回2失点)持ち味でもある腕を振ることはでき、何とか粘ることができた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月19日のニュース