広島デラバー 初登板で152キロピシャリ「緊張は特に」

[ 2016年9月19日 05:30 ]

<D・広>7回を3者凡退に抑えたデラバー

セ・リーグ 広島3―6DeNA

(9月18日 横浜)
 広島は9回に同点に追いつく粘りも及ばずサヨナラ負け。その中で、出場選手登録されたばかりの新外国人・デラバーが7回に3番手として来日初登板を果たした。

 1メートル95の長身から最速152キロの直球を武器に打者3人をぴしゃりと抑え込んだ。「ブルペンで心身とも準備できていたし、緊張は特にしなかった」と話した右腕に緒方監督は「初登板としては上々の投球。(スピード)ガン以上の切れを見せてくれた」と新戦力に満足そうだった。

 ▼広島・西川(ドラフト5位ルーキーが9回に同点右犠飛)広輔さん(田中)にさらにチャンスで回したかった。最低限の仕事。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月19日のニュース