日本ハム、3連勝で天王山へ弾み!大谷3戦連続打点 加藤1カ月ぶり白星

[ 2016年9月19日 16:55 ]

<日・ロ24>初回1死三塁、犠飛を放った大谷

パ・リーグ 日本ハム3―1ロッテ

(9月19日 札幌D)
 日本ハムは先発の加藤が6回1安打無失点と好投し、ロッテに3連勝。首位ソフトバンクのマジック点灯を阻止し、21日からの首位攻防2連戦へ弾みをつけた。

 初回、先頭の西川が中前打で出塁し、即座に二盗。2番・近藤の右飛で1死三塁とすると、3番・大谷が左翼へきっちりと犠飛を打ち上げて先制に成功した。これで大谷は3試合連続打点をマークした。

 4回には6番・岡の二塁打などで1死二、三塁の好機。ここで9番・中島が低めの変化球に泳がされながらも二遊間を破る2点適時打を放ち、3―0とリードを広げた。

 先発の左腕・加藤は6回1死までロッテ打線を無安打に抑える快投。岡田に初安打を許してこの回限りでマウンドを降りたが、6回1安打無失点と見事な投球を見せた。

 2番手のバース、3番手の宮西も無失点投球。新守護神の吉川は満塁のピンチを招き、押し出し死球を与えたところで降板となったが、最後は谷元が締めて同一カード3連勝を決めた。加藤は先月21日のソフトバンク戦(ヤフオクD)以来、約1カ月ぶりの白星を挙げた。

 ▼日本ハム・大谷(初回に先制犠飛)西川さんのナイスランでしたね。チャンスだったので、最低限の仕事はできたかなと思います。

 ▼ロッテ・二木(4回5安打3失点)テンポ良くいこうと思っていたが、ボール球が多く、無駄な走者を出してしまった。悪い日の投球になってしまった。先に点を取られてはいけなかったのに申し訳ない。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月19日のニュース