打撃好調続く!青木が今季28度目のマルチ チームは連敗ストップ

[ 2016年9月19日 09:15 ]

<マリナーズ・アストロズ>マリナーズの青木は6回の第4打席で遊撃への内野安打を放つ (AP)

ア・リーグ マリナーズ7―3アストロズ

(9月18日 シアトル)
 マリナーズの青木宣親外野手(34)は18日(日本時間19日)のアストロズ戦に「1番・左翼」で先発出場し、4打数2安打1打点と活躍。前日は3安打を記録するなど打撃好調で、打率を2割7分7厘とした。

 青木はアストロズの先発・フィスターに対して投ゴロ、中飛と2打席連続で凡打。しかし、4回の第3打席で快音を響かせた。1死一、二塁の好機で中越えエンタイトル適時二塁打を放つと、続く6回の第4打席では3番手・グスターべから遊撃への内野安打を記録。今季28度目のマルチ安打とし、7回の守備からベンチに退いた。

 試合はマリナーズが7―3で快勝し、連敗を2でストップ。先発のミランダは7回2失点と好投し、打線も12安打7得点と投打がかみ合った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月19日のニュース