広島 大瀬良が2軍戦初登板 2回5安打3失点「焦らせるつもりはない」

[ 2016年6月2日 18:23 ]

 右肘靱帯の部分損傷で出遅れている広島の大瀬良が2日、ウエスタン・リーグの阪神戦(鳴尾浜)で初めて2軍戦に登板し、2回5安打3失点だった。

 この結果について畝投手コーチは「投げられるスタートに立った。焦らせるつもりはない。これからどんどん技術的にも上げていってほしい」と話した。

 2年前の新人王右腕は2月のキャンプ中に右肘の違和感を訴え、離脱した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月2日のニュース