金子、序盤に失点「申し訳ないし後悔している」

[ 2016年6月2日 23:16 ]

セパ交流戦 オリックス2―4巨人

(6月2日 京セラD)
 最後のとりでも崩れた。オリックスはエース金子が初回に坂本にソロを浴び、2回には3長短打などで3失点。3回以降は得点を与えなかっただけに「3回からの投球を1回からできるようにしっかりやっていく」と話した。

 投球以上に反省したのは4点目を失った場面。亀井に2点二塁打を浴び、本塁のカバーに入らなかったために遊撃手の本塁悪送球で打者走者の生還も許した。「やるべきことをやらずに点を与えてしまい、申し訳ないし後悔している」と肩を落とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月2日のニュース