東大から宮台ら2人 侍ジャパン大学日本代表選考合宿に39人選出

[ 2016年6月2日 18:46 ]

 全日本大学野球連盟の監督会常任委員会が2日、都内で行われ、第40回日米大学野球選手権大会(7月12日開幕、神宮、新潟、静岡)に参加する侍ジャパン大学日本代表選考合宿(6月17日から3日間、平塚)の参加メンバー39人が発表された。

 東大のエース左腕・宮台康平投手(3年、湘南)が選出されたほか、同じく東大からはクリーンアップを務める田口耕蔵内野手(3年、西大和学園)が選ばれた。今秋ドラフト最大の目玉ながら、今春右肩違和感に苦しんだ創価大・田中正義投手(4年、創価)は選出されなかった。

 宮台は「選んでいただいてうれしく思います。これから合宿に向けてできる限りの準備をして臨もうと思います」。田口は「代表候補に選ばれると思っていなかったので正直びっくりしています。合宿ではベストを尽くします」とコメントした。

 6月6日に開幕する全日本大学野球選手権の出場選手から追加召集も行う予定で、最大で50人が候補合宿に参加する。

 選出選手は下記の通り。

▽投手14人
柳裕也(明大4)、田村伊知郎(立大4)、黒木優太(立正大4)、佐々木千隼(桜美林大4)、青島凌也(東海大2)、栗林良吏(名城大2)、吉川峻平(関大4)、堀田晃(大阪学院大4)、伊藤将司(国際武道大2)、笠原祥太郎(新潟医療福祉大4)、宮台康平(東大3)、中村稔弥(亜大2)、浜口遥大(神奈川大4)、渡辺佑樹(横浜商大3)

▽捕手6人
長坂拳弥(東北福祉大4)、吉田高彰(上武大2)、森川大樹(法大4)、小畑尋規(立正大3)、守屋元気(東海大2)、大久保宗洋(福岡大4)

▽内野手12人
伊藤諄(東海大北海道4)、佐野恵太(明大4)、田口耕蔵(東大3)、小林満平(法大筑波大2)、山崎剛(国学院大3)、大山悠輔(白鴎大4)、森下翔平(東海大4)、種子島大輝(筑波大2)、藤原隆蒔(京産大4)、楠本泰史(東北福祉大3)、京田陽太(日大4)、吉川尚輝(中京学院大4)

▽外野手7人
佐藤拓也(立大4)、田中和基(立大4)、大西千洋(法大2)、森山恵佑(専大4)、
皆川仁(立正大4)、浜元航輝(神奈川大4)、辰己涼介(立命大2)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月2日のニュース