西武 光成 初の2桁奪三振で完投勝利 DeNA 1カ月ぶりの連敗

[ 2016年6月2日 21:02 ]

帽子を飛ばして力投する西武・高橋光

セパ交流戦 西武4―1DeNA

(6月2日 西武D)
 西武が着実に得点を加え、DeNAに連勝した。

 西武は初回、浅村の中前適時打で先制。4回には炭谷の適時三塁打、6回には中村の左前適時打で加点。7回にも1点を入れた。先発の高橋光は9回に1点を失ったものの、プロ初の2桁奪三振11を記録、完投で今季3勝目をマークした。

 DeNAは5月3日以来、1カ月ぶりの連敗。8回まで2安打に抑えられ、9回に代打下園の適時二塁打で完封負けを逃れるのがやっとだった。

 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月2日のニュース