右手に打球受けたマエケン、次回登板4日に変更「治療に専念を」

[ 2016年6月2日 09:38 ]

練習で笑顔を見せるドジャース・前田

 ドジャースのロバーツ監督は前田の次回登板を、2日のカブス戦から本拠地で3日午後7時10分(日本時間4日午前11時10分)開始予定のブレーブス戦に変更すると発表した。5月28日の前回登板で右手甲に打球を受けており、ロバーツ監督は「(患部は)毎日良くなっているが、念のため」と説明した。

 故障で離脱した先発ウッドの代役として昇格したユリアスを2日に登板させ、前田を含む他の先発投手の次回登板を中5日にする。前田は「全員が1日ずれただけなのでたいしたことじゃない」と話し「1日もらったのでしっかり治療に専念したい。(次回は)いい状態で迎えられると思う」と感謝した。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月2日のニュース