上原 ヒヤリ 大飛球ビデオ判定のち空振り三振斬り

[ 2016年6月2日 05:30 ]

<オリオールズ・レッドソックス>8回の1イニングを無失点に抑えた上原(AP)

ア・リーグ レッドソックス6―2オリオールズ

(5月31日 ボルティモア)
 4点リードの8回に登板したレッドソックス・上原は、2死一塁から主砲デービスに右翼ポール付近へ大飛球を打たれた。

 ビデオ判定になったが、結果はそのままファウル。この後、スプリットで空振り三振に仕留め「内角の球が甘くなった。気をつけないといけない」と反省した。首位攻防戦で連勝し、2位・オ軍とのゲーム差を3に広げた。41歳右腕は「まだ5月が終わった段階。8月ぐらいならいいけどね」と気を緩める様子はなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月2日のニュース