楽天 安楽 リリーフ転向初登板と「とりあえずゼロ」

[ 2016年6月2日 21:48 ]

 楽天の安楽がリリーフ転向後、初登板。3点ビハインドの9回、先頭の今成に13球粘られ、四球で歩かせたが、鳥谷、西岡、福留の上位打線を打ち取り、無失点でマウンドを降りた。

 「試合の中で肩をつくっていく難しさはあったが、何とか0点に抑えられて良かった」と安楽。「ランナーを出さないのがリリーフをやる上で一番大事。負けている場面でも流れがくるように三振を取ったりしたい」と課題を挙げた。

 梨田監督は「四球でピンチをつくったが、とりあえずゼロ。リリーフで経験を積んで欲しい」と今後に期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月2日のニュース