中田、特大3ラン!45打点はトップタイ「感触は完璧だった」

[ 2016年6月2日 05:30 ]

<日・ヤ>お立ち台でバース(左)らを入れて自撮りする中田(中央)

交流戦 日本ハム5―2ヤクルト

(6月1日 札幌D)
 不動の4番が特大アーチを放った。日本ハム・中田が初回1死一、二塁で石川の内角カットボールを捉えて左翼ポール上を越える先制3ラン。

 「感触は完璧だった」というが、打球が切れないか心配で行方を見届けた後にゆっくりとダイヤモンドを一周した。これで大谷の9号に並び、45打点は西武・メヒアと並んでリーグトップ。「まだ、この時期だし、数字を気にするのは周囲だけ。今は自分のやれることをやるだけ」と頼もしかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月2日のニュース