阪神、選手は普段通り 中日は調査で現金の授受なし

[ 2016年3月15日 20:14 ]

 公式戦で現金のやりとりを行っていたことが判明した阪神は15日、兵庫県西宮市の甲子園球場で全体練習を行った後、選手は16日に千葉市のQVCマリンフィールドで行われるロッテ戦のために東京都内のチーム宿舎へ向かった。新大阪駅に姿を見せた若手選手らは普段と変わらぬ表情で新幹線へと乗り込んだ。

 東京都内の阪神の宿舎には報道陣約20人が詰め掛けた。球団は、四藤球団社長が兵庫県西宮市で取材に応じているとし、他には対応しなかった。

 中日は調査の結果、現金の授受はなかったとした。主将を務める平田選手は日本ハム戦後にナゴヤドームの駐車場で報道陣に対応し、硬い表情で「僕たちは試合がある。試合のことだけを考えてやっていく」と言葉を選びながら話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年3月15日のニュース