阪神 藤浪、29日ヤクルト戦へ「徐々に上げていければ」

[ 2016年3月15日 15:12 ]

キャッチボールでカーブを投げる阪神・藤浪

 16日のロッテ戦(QVC)に先発予定の阪神・藤浪晋太郎投手(21)が15日、甲子園球場での全体練習に参加した。

 開幕2カード目初戦、29日のヤクルト戦(神宮)での登板へピッチを上げていく右腕は「(状態を)徐々に上げていければ。今回でベストの状態まで(持っていく)というわけではない。納得するボールを投げられれば」と淡々。直球とカットボールの精度アップを課題に掲げており「あとはバッターがどういうリアクションをするか」とチェックポイントを口にした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年3月15日のニュース