PR:

清原容疑者を追起訴 覚せい剤使用罪、東京地検

 東京地検は15日、覚せい剤取締法違反(使用)の罪で、元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)=所持の罪で起訴=を追起訴した。弁護人は16日にも保釈を請求する方針。

 起訴状によると、今年2月1日ごろ、東京都港区内にあるホテルの客室で覚せい剤を使用したとしている。

 清原被告は所持容疑で警視庁に2月2日に現行犯逮捕された後、同23日に使用容疑で再逮捕された。警視庁によると、所持と使用を認め「腕に注射したり、ガラスパイプであぶって吸ったりしていた」と供述。尿鑑定では覚せい剤の陽性反応が出ていた。

 昨年夏以降、警視庁は清原被告の立ち回り先のホテルや自宅の遺留物から、5回前後覚せい剤成分を検出していた。

 初公判は5月17日に開かれる。清原被告に覚せい剤0・6グラムを譲り渡したとして起訴された小林和之被告(45)の初公判は4月21日に開かれる。

[ 2016年3月15日 17:14 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月20日11時〜12時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム