PR:

真中監督、自虐ネタで爆笑呼ぶ「高山くんだけは頑張って」

ヤクルト・原樹(左)と真中監督

セ・リーグ「ファンミーティング」

(3月14日)
 ヤクルト・真中監督が自虐ネタのオンパレードで会場を盛り上げた。トークショーで意識する他球団の選手を聞かれ「個人的に(阪神の)高山くんだけは頑張ってもらいたい」と発言した。昨秋のドラフトで1位指名した高山の交渉権を獲得したと勘違いし、ガッツポーズした珍事を想起させるエールで爆笑に包まれた。

 懐の広い指揮官の、自分をさらけ出す発言はなおも続いた。開幕カードで戦う巨人・高橋監督と並ぶと「ルックスもスタイルも勝てません。試合では勝てるように頑張ります」と宣言。現役時代に同僚としてプレーしたDeNA・ラミレス監督には「ラミレスだけには絶対負けたくない。やっつけたい」と過激な言葉で宣戦布告した。

 ドラフト1位・原樹もトークで沸かせた。普段は弱気なコメントが多いが「10勝したいです」と壇上で宣言。「言い過ぎました。5勝にしてください。父(敏行さん)に“お山の大将になるな”と言われている。謙虚でいたいんです」と囲み取材で報道陣に懇願したが、高山との対戦に質問が及ぶと「高山を(クジで)外しての自分。外れて良かったと思われるために打たれたくない」と目の色が変わった。

 昨季優勝した真中監督に用意されたのは左端の席だった。「今年は一番良い席に座れて幸せです。(昨年は)本当に選手が頑張った。今年は変な重圧もなくキャンプから自信を持って入っている」。強固な選手との信頼関係を背景に、リーグ連覇への自信をみなぎらせた。(平尾 類)

[ 2016年3月15日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月18日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム