巨人に65件の苦情電話 現金やりとり問題で

[ 2016年3月15日 20:29 ]

 選手が自チームの公式戦の勝敗に絡んで現金のやりとりをしていたことが明らかになったプロ野球の巨人は15日、東京都内の球団事務所に65件の苦情などの電話が寄せられたことを明らかにした。

 球団によると苦情のほか、激励の言葉もあったという。

 また、現金受け渡しの背景などを報道し「敗退行為を招く恐れがある」などとした産経新聞社に対し、抗議文を送付した。巨人は「われわれの説明が報道には反映されていない」と14日に反論していた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年3月15日のニュース