アストロズ、FAでフィスター獲得 ヤンキースはノバと年報調停回避

[ 2016年1月29日 10:00 ]

ダグ・フィスター投手 (AP)

 アストロズは28日、ナショナルズからフリーエージェント(FA)となっていたダグ・フィスター投手(32)と700万ドル(約8億3000万円)で1年契約に合意した。契約には投球回数に応じて500万ドル(5億9000万円)の出来高が付くという。

 技巧派右腕のフィスターは昨季、前腕部の故障で戦線を離れた影響もあり、25試合の登板で5勝7敗、防御率4・19と低迷。しかし、2011年からは4年連続で2桁勝利をマークした実績を持つ。通算では7年間で65勝63敗1セーブ、防御率3・42の成績。入団会見では「調子は戻りつつある。先発でもリリーフでもしっかりと仕事はできる」と力強く語った。

 また、同日にはヤンキースがイバン・ノバ投手(29)との年俸調停を回避し、410万ドル(約4億8700万円)で1年契約に合意した。同投手は460万ドル(5億4600万円)を要求していたが、球団側は380万ドル(約4億5000万円)が妥当としていた。

 ノバは昨季、右肘じん帯再建手術から6月に復帰し、17試合に登板して6勝11敗、防御率5・07という成績。メジャー6年間の通算では46勝33敗、防御率4・33という数字を残している。同投手は今オフが年俸調停権を保有する最終年で、シーズン後にFAとなる。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年1月29日のニュース