銀次、キャンプへ新選手会長の誓い「先輩であっても言うことは言う」

[ 2016年1月29日 14:54 ]

仙台市内のコボスタ宮城の室内練習場でティー打撃を行う楽天・銀次

 楽天の銀次内野手(27)が29日、仙台市内のコボスタ宮城で自主トレを実施。ティー打撃を行うなど精力的に汗を流した。

 ここまで故障もなく、順調に練習を行っており「例年以上に順調に練習できている。コンディションもバッチリです」と笑顔。

 2月1日から新選手会長として臨む沖縄・久米島キャンプに向け「チームを引っ張る意識を強く持ちたい。たとえ先輩であっても言うことは言っていく。自分も練習で声を出したり、行動で示したい」と意気込みを語った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年1月29日のニュース