八重山に吉報届かず 仲里監督「夏は力でつかみ取る」

[ 2016年1月29日 19:22 ]

第88回選抜高校野球大会出場校決定

 対外試合の機会が少なく、遠征費もかさむハンデのある離島から甲子園初出場を目指した八重山(沖縄)に吉報は届かなかった。仲里監督は「現状の評価を受け止めたい。夏は力でつかみ取って、甲子園に行きたい」と静かに語った。

 沖縄大会を制して臨んだ昨秋の九州大会では、準々決勝で秀岳館に1―8で敗れた。友利主将は「打球のスピードも、ただの内野フライの高さも違った」と力の差を痛感。夏の選手権大会に向け「スピード、パワーが全然足りなかった。時間はないけど、できることを精いっぱいやりたい」とレベルアップを誓った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2016年1月29日のニュース